充填治療(プラスチックのつめ物)

むし歯が小さく、歯髄(神経)が健全な場合、むし歯を削ったところに、光重合レジン(プラスチック)をつめる修復方法です。

1.むし歯を削り取る。

2.レジン充填・光重合

3.形態修正・研磨

インレー治療(部分的なつめ物)

むし歯が歯の咬み合わせ及び歯の間にあり、歯髄(神経)が健全な奥歯の場合、虫歯を削った穴に、部分的な小さな歯をつめる治療方法です。

【1日目】1.むし歯を削り取る。

【1日目】2.歯の型を取る。

【1日目】3.仮封(仮づめ)をする。

【2日目】インレー(金属)の調整・研磨 / インレー(金属)の装着

クラウン治療(かぶせ物)

むし歯が大きく、歯が砕けていたり、神経の治療をした後に、歯の周りを丸く削って、クラウンを被せる治療です。被せる材料は、金合金やセラミックスなどがあります。

クラウンを被せた部分は汚れがたまりやすいため、歯ブラシだけではなく、補助的にデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使用することも大切です。

差し歯治療(前歯の白いかぶせ物)

前歯のむし歯が大きかったり、神経の治療をした後や、見栄えが気になる場合、差し歯を被せる治療を行います。

ブリッジ治療

あなたが不幸にも歯を失ってしまったとき、そのままにしておくと、食べ物を美味しく噛みにくいですし、周りの歯が倒れてしまったり、咬み合わせの歯が伸びてきてしまいます。

そこで、歯が無い部分の両隣の歯を削り、3本つながった歯(ブリッジ)を入れます。ブリッジを入れることによって、元々の自分の歯と同じように、よく噛めることができます。

しかし、ブリッジの下の部分は汚れがたまりやすく、なおかつ除去しにくい場所です。そのため、歯ブラシだけによる掃除では、どうしても汚れが残ってしまいます。そこで、補助的にデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使用することも大切です。