C1(う蝕第1度)

歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色に着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。

C2(う蝕第2度)

歯の象牙質の層まで進んで、穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると、歯がしみることがあります。

C3(う蝕第3度)

むし歯が大きな穴になって、象牙質の全てに及び、歯髄(神経)にまで達した深在性う蝕です。炎症を起こしたりすると、とても激しい痛みを伴います。

C4(う蝕第4度)

歯が崩れて、根っこだけになってしまっている状態です。このままにしておくと、歯髄が腐敗してしまい、根の先に炎症を起こして、痛んだり腫れたりしてしまいます。