むし歯をそのままに放っておくと、むし歯はどんどん進行し、そのうちに歯の神経は死んでしまいます。死んだ神経には、細菌が繁殖し、炎症が生じ、ついには神経及び根の先が腐って、膿が溜まってしまいます。

また、一度神経の治療が済んでいても、根の先につめた薬の効果がなくなったり、細菌が増えたりすると、再び炎症が生じ、膿が溜まってしまうことがあるので、注意が必要です。


歯の根の先が黒く透けています
膿が溜まっていることが考えられます

感染根管治療(歯の根の治療)の手順

1神経や以前につめた薬を除去します

根管の中の、腐った神経、または以前の神経の治療のときにつめた薬を、リーマーやファイルという道具を使って、丁寧に除去していきます。そして、歯の根の先の膿を、根管を通じて、外に開放します。そして十分に消毒して、炎症や膿を抑えます。

2根管充填

歯の根の先の炎症や膿が消退したのを確認してから、根管の中を十分に消毒した後、根の先まで隙間が空かないようにしっかりと、ガタパーチャポイントという、薬をつめます(根管充填)。 

治療例