神経の治療をした後は、自分の歯が少なくなって、歯がもろくなっていることが多いです。そこで、必要によっては、メタルコア(金属の土台)で歯を補強します。そして、クラウン(かぶせ物)や差し歯を被せます。

メタルコア・ポスト(金属の土台)は歯に対して硬く、強すぎるため、歯が割れたり折れてしまうリスク・危険性が心配になります。最近は、つるま歯科医院では歯と同じ柔軟性を持つ、グラスファイバー製のファイバーコア・ファイバーポストをお勧めしています。


メタルコア(金属の土台)・奥歯


メタルコア(金属の土台)・前歯


銀歯のクラウン(かぶせ物)


硬質レジン前装冠
(プラスチックのかぶせ物)