人と話したり、大きく口を開けて笑った時、口の中に目がいってしまうことは多いです。この時、やはり銀歯は目に付いてしまいますね。近年の歯科材料の大きな進歩により、ハイブリッドセラミックス(強化プラスチック)で製作するインレー・クラウンは、美しさ・強度・耐久性の面で大きく向上しました。また、以前に比べて安価で提供できるようになりました。

治療ステップ

症例1.右下の2本の歯をハイブリッドインレー・クラウンで修復した症例

1治療前

以前のむし歯治療によって装着した、金属のクラウン・インレーが入れてあります。患者さんは審美的な面を考慮されたため、これを除去して、形を整えて、型を採ります。

2ハイブリッドインレー・クラウンの製作

技工所にて、周りの歯の色に合うようにを十分考えて、模型に合わせて成型し、光・加熱重合して完成します。

3治療終了

ハイブリッドインレー・クラウンを装着して治療終了。色・形とも美しい仕上がりです。患者さんは、口元を気にする必要がなくなったと、大変満足されました。今後必要によっては、より奥歯の治療も検討中です。

症例2.右上の奥歯をハイブリッドインレーで修復した症例

1治療前

右上の奥歯の、歯と歯の間の2箇所に、黒くむし歯を認めます。患者さんは、治療後の審美的な美しさを考慮して、ハイブリッドインレーを選択されました。

2ハイブリッドインレーの形成・型採り

神経のある歯のため、できるだけ健康な歯を削らないように注意して、尚且つハイブリッドインレーが破折しないような必要最低限の大きさの形成を行うことが大切です。

3ハイブリッドインレーの製作

技巧所にて、元々の自分の歯の色とのマッチングを十分考慮して、製作します。

4治療終了

金属のインレーに比べても、パッと見て全く人工的なものとは判断できません。大変美しい仕上がりであり、患者さんの満足も得ることができました。

症例3.右上の真ん中の歯をハイブリッドインレーで修復した症例

1治療前

以前のむし歯治療によって金属のインレーが入っています。患者さんはお口を開けた時、銀色が目立つのを気にされたため、審美的な面を考えて、ハイブリッドインレーに置き換えることを希望されました。

2ハイブリッドインレーの形成・型採り

金属のインレーを丁寧に除去して、ハイブリッドインレーを装着するための形成を行いました。神経のある歯のために、出来るだけ歯を削らず、必要最低限の形成を行うことが大切です。

3ハイブリッドインレーの製作

ハイブリッドインレーは歯の外側にやや被せるため、自分の歯の色とのマッチングを十分考慮して製作することが大切です。

4治療終了

ハイブリッドインレーはお口を開けても銀歯と比べて全く目立ちません。患者さんにも大変喜ばれました。

症例4.左下の真ん中の歯をハイブリッドクラウンにて修復した症例

1治療前・クラウン除去後

左下には、以前の治療によってクラウンが被せられていました。しかし、クラウンが古くなってきて、中の土台の金属が見えてきたために、再治療を希望されました。クラウンを除去して、歯ぐきを傷つけないように十分注意して、ハイブリッドクラウンを入れるために形を整えました。

2ハイブリッドクラウンの製作

ハイブリッドクラウンは、金属は勿論のこと、硬質レジンに比べても透明感が高く、より天然歯に色を合わせて作ることができます。また、十分な厚みを持たせれば、咬む力にも十分に耐えられるだけの強度が期待できます。

3治療終了

ハイブリッドクラウンを装着して治療は終了。全く自然な仕上がりであり、お口を開けても、ほとんど分かりません。患者さんも大変喜ばれ、満足を得ることができました。

症例5.右下の真ん中の歯をハイブリッドクラウンにて修復した症例

1治療前

右下の歯は、神経の治療をした後に、レジン(プラスチック)にて、土台を作っています。患者さんは、自然な歯の美しさを期待されたため、ハイブリッドクラウンでの修復を選択しました。

2ハイブリッドクラウンの製作

ハイブリッドクラウンは技工所にて、十分な厚みを持たせて、周りの歯との調和を考えて、強度と美しさを追求して、製作します。

3治療終了

ハイブリッドクラウンを装着して治療は終了。周りの歯と比べても、全く違和感は感じません。大変美しい仕上がりであり、患者さんもとても満足されました。