”第3の新しい歯”でいつまでも健康に!

あなたは、残念ながら、不幸にも大切な歯を失ってしまいました。これから、美味しく食事をすることはできるでしょうか?歯を失ってしまったところはどうしますか?そのままにしておくと、周りの歯が倒れてしまったり、反対側の歯が伸びてきて、噛み合わせが崩れてしまう可能性があります。前歯の場合は、目立ってしまい、人前でお口を開けることをためらってしまうかも知れません。それでは、どうしましょう?

今までは、両側の歯を大きく削って、ブリッジを入れたり、部分入れ歯を入れることが通常の治療法でした。

しかし、新たな第3の治療法・インプラント(人工歯根)を入れることによって、より目立たず美しく、周りの歯も削らず優しく、力強く噛めて健康な、ご自分の歯を取り戻すことができるのです。

インプラントのメリット

  1. 周りの健康な歯を、わざわざ削る必要がない。
  2. 入れ歯のように取り外しをしなくて済む。
  3. 入れ歯に比べて違和感が少ない。
  4. 噛む力や食感が天然の自分の歯に近い。
  5. ブリッジや入れ歯に比べて、審美性が高く、美しい。

インプラントのデメリット

  1. 外科的な手術が必要になる。
  2. インプラントを安定させるために、十分な厚さや高さの骨が必要である。
  3. 骨の状態や全身の体の状態によっては、行うことができない場合もある。
  4. 治療期間が長期になることがある。
  5. インプラントを長期に安定させるためには、注意深い自己管理・定期検診・メインテナンスが必要になる。
  6. 保険治療がきかないので、高額な治療費が必要になる。