1問診

患者さんの主訴・全身状態・ご希望などを丁寧に問診します。

2診査・診断

インプラント治療に際しての必要な検査を行います。CT撮影も総合病院に撮影を依頼します。
(口腔内写真撮影、レントゲン・CT撮影、むし歯・歯周病検査、咬み合わせ・歯ぎしり検査など)

3治療計画

インプラント治療に先立って、必要な治療(術前処置)、インプラント治療の種類、治療期間、費用などについて治療計画を立て、患者さんと十分に話し合います。

4術前処置

インプラント治療を行う前に、必要なむし歯・歯周病・噛み合わせなどについて治療を行い、お口の中を安定した状態に維持します。

5インプラント埋入手術(一次手術)

フィクスチャー(インプラント体)を顎の骨に埋め込むための手術です。同時に骨を増やす処置(骨移植やGBRなど)が必要になることもあります。

6治癒期間(必要に応じて仮歯の制作)

埋入したフィクスチャー(インプラント体)が顎の骨と完全に結合(オッセオインテグレーション)し、安定するまで、3~6か月程度様子をみます。

7アバットメントの連結(必要に応じて二次手術)

上部構造(人工の歯)の支台となるアバットメントを連結します。この時、歯ぐきの形を整えるための簡単な手術(二次手術)が必要になることもあります。

8上部構造の装着(上部構造制作のための型取り)

上部構造(人工の歯)をアバットメントや周りの歯の形に合わせて、選択し、注意深く制作します。そして、噛み合わせの状態に十分に注意して被せます。

9メンテナンス

インプラントの状態を長期にわたって、維持・安定させるために、患者さんと一緒に予防プランを考え、頑張っていきましょう。(1~6ヶ月毎の定期検診と予防処置。)