矯正治療を行うには?

1相談

歯並び・咬み合わせ・口元が気になる・歯がうまく磨けない・口臭が気になる・発音がしづらい・歯を一生持たせたい・口元及び歯並びに自信を持ちたい・・など、ご希望や不安等がありましたら、つるま歯科医院に気軽にご相談にお越し下さい。(無料矯正相談・要予約)

2検査

口腔内写真検査・歯型・レントゲン・デジタル写真・顎関節検査・むし歯・歯周疾患検査等を行います。

3診断

検査によって得られた資料を分析し、歯並び及び口元の問題点を科学的に明確にした上で最適な治療方針をご説明します。ご理解頂けるまで、説明や相談を行い、納得した上で、治療開始となります。

4治療開始

最新の材料と技術を用い、痛みや違和感を極力抑えた治療を行います。PMTCや歯肉マッサージ等も併用し、矯正治療中も快適な衛生状態を維持します。おおむね月1回の来院となります。

5保定

矯正治療によって歯並びを改善しても、後戻りしてしまう可能性があります。それを防止するため、装置などを利用して、保定を行います。

治療期間はどのくらいですか?

歯は、顎の骨の中をゆっくりと移動しますので、時間がかかります。歯の矯正治療の期間は、おおよそ1年半~2年です。しかしながら、歯の動き方には個人差があるため、期間が前後することがあります。

矯正治療の開始時期は?

大人の場合

いつ始めても、治療方法と治療期間にそれほど変わりはありません。治療技術と矯正装置の発達に伴い、年齢に関係なく治療が可能です。

子供の場合

顎の矯正治療(第1期治療)が必要な場合は、7歳前後から治療を開始します。顎の矯正治療後、永久歯が生え揃ってから、歯の矯正治療(第2期治療)を行います。

顎の矯正治療の開始時期は?

子供の場合は治療を始める際に、顎の成長を考慮する必要があります。

  • 正常な顎の成長が妨げられていないか?
  • 上顎と下顎の位置・大きさのバランスがとれているか?
  • 第2次成長にかけて、上下顎のバランスが崩れる可能性はないか?

顎の成長に何らかの問題が疑われる場合には、状態に応じて、早めに顎の矯正治療を行う必要があります。一般的には7歳前後から治療を開始しますが、早期治療が必要な場合では、6歳前後から治療を開始することがあります。

矯正治療が必要な歯並び、咬み合わせ